小説ブログのこと

 忘れてました。実質放置。
 文月さんちのブログで言及してもらって思い出し。
 関連記事、いずれも興味深いですが、フットワークの重い今のワタクシにとって、読破するだけで完全出遅れになりそう。でも今後の展開をそっと見つめてみたり。

 小説ブログとは関係ないんですが、小説本文だけが延々出てくるウェブリングとかランダムリンク的なものって、あるんでしたっけ。
 なんか突然、そういうのあると嬉しいような気がしまして。今、個人的な気分として、作品を選ぶのが面倒くさいんだと思うんですよ。でも何かは読みたいのでランダムでいいや、みたいな心境で。
 たとえばノベルウッドで登録URLをランダムジャンプするcgiを自分用に作ればいいんですが、ノベルウッドの作品直リンクは作品本文よりは目次ページが多いような気がするのです。腰すえて読む場合は、いきなり作品本文より、表紙とか扉とか目次から入れるほうが私自身は好きなんですけど、パッと飛んでサッと読み捨てにしたい場合は、いきなり小説の冒頭が表示されるほうが便利ですよね。(作者さん的には読み捨てにされたくないようなキモチかもしれないのですけど…、それはまあ置いといて)
 ササッと5分10分で読めちゃう掌編から短編限定で、おしまいまで読んだら次の作品にランダムジャンプして、時間切れor飽きるまで読み続けるというのを、やってみたいなぁ。わんこそばみたいに。
 そういうの、ないですかねー。
スポンサーサイト
Comment (-)