エクス・リブリス

いっこ前の記事のブックプレートについて、ぐぐってみました。
ブックプレートという英語名より、エクス・リブリス(EX LIBRIS)というラテン語名のほうがメジャーっぽい。日本語では蔵書票とか、書票とか呼ぶそうです。
エクス・リブリスと呼ばれる理由は、蔵書票には「EX LIBRIS 誰それ」というふうに所有者の名前を刷り込むのが基本だからだそうです。エクス・リブリスは、「(誰それ)の所有する本」という意味ですね。
私がチャプターズで衝動買いしたブックプレートは、名前欄が空欄になっていて、自分で名前を書き込むか何かしろよということでしょう。
古き良き時代には、自分オリジナルのブックプレートを有名な画家さんにデザイン依頼して、版画などで作ることが多く、現代ではブックプレート自体にも芸術的価値があり、収集家さんもいるらしいです。

検索で見つけたブックプレート展示ページ
http://www4.ocn.ne.jp/~hisanaga/bookplate.htm
スポンサーサイト
Comment (-)